大腸に発生する癌とは

病院

症状や検査

大腸は身体の中にあり、口から取り入れた食物の水分を吸収し、排泄する役割を持つ臓器です。長さが約2mと、とても長い臓器です。大腸は結腸、直腸、肛門に分類されており、部位により名前の変化があります。分類に関わらず、大きな枠として、大腸にできる癌を大腸がんと言います。大腸がんは粘膜の表面に発生し、徐々に進行します。そのスピードは遅めですが、進行するにつれて肝臓、肺、リンパ節への転移が見られます。症状としては、血便、下血、下痢、便秘、残便感、腹痛、腹部膨満、貧血などがあります。このような症状が出現したら、消化器内科や肛門科などを受診し、検査を行うことが大切です。検査は、採血、便潜血検査、直腸造影検査、大腸カメラ、CT、MRI検査などを行います。

ステージによる違い

大腸がんにはステージ分類があります。ステージは0から5まであり、数が高くなる程重症となります。これは、大きさではなく、がんの深さにより分類されています。深さ、広がり、転移などにより治療法が変わってきます。早期といわれるステージ0から1では、内視鏡での切除が可能です。ステージ1から3では手術療法が選択されます。場合によっては、リンパ節を切り取ることも必要となります。その後、再発を防ぐために放射線治療や、化学療法を行うことがあります。ステージ5では、可能な限りのがん切除を手術にて行います。手術ができない場合には、放射線治療や化学療法にてがんを小さくしてから、手術になることもあります。これらも難しい場合は対症療法を行います。大腸がんの治療にはガイドラインが設けられており、多くはガイドにそって行われます。大腸がんと診断されたら、1度読んでみて、理解を深めておくことは自己の治療方針のためにも必要です。

ベッド

情報を集めて考える

城東区は高品質な治療を提供してくれる内科が多くあります。通いやすい医院を見つけるためにも、受診前に口コミや医院の基本情報を踏まえ、利用するかどうか考えておくことが大切でしょう。

院内

がん医療は進歩しています

免疫療法は、副作用の可能性のないがんの治療技術です。そのため、治療膣を向上させるために、積極的に活用されています。ただし、現在は技術的な限界から、完治までには至っていません。そのため、補助手段という認識が必要です。

問診

早期治療で症状も緩和

リウマチは早期治療をすることが大切な病気です。しかし、歩くのもつらいという人は通院するのが困難です。世田谷にある病院は駅からも近く、比較的立ち寄りやすい病院です。リウマチ患者の人は、まずこの通院しやすい病院を探すことが必要です。

Copyright © 2016 治療すれば大腸がんは完治する|光はまだある All Rights Reserved.