がん医療は進歩しています|治療すれば大腸がんは完治する|光はまだある

がん医療は進歩しています

院内

現在は補助的な手段です

がんは非常に死亡率の高い疾患で、世界中で治療に繋がる様々な研究が進められています。その結果、がんへの対処手段は、格段に進歩しています。免疫機能を高める免疫療法は従来から考案されていましたが、技術的に困難でした。しかし、近年は免疫細胞の効率的な増殖が可能になったので、有効な治療法として利用が広がっています。ただし、免疫療法は、現時点で依然として発展途上にある治療技術です。そのため、がん症状の緩和に効果的であっても、決定的ながんの改善に繋がるまでには至っていません。つまり、がん完治の可能性を高める補助的な手段であって、外科手術や放射線治療、投薬を中心にした化学療法等の様々な治療法を併用する必要があります。

副作用のない治療法です

がんが進行すると多大な肉体的な苦痛を伴いますから、健全な心身を消耗させます。その症状を改善させるために、がん治療が行われます。ところが、外科手術や放射線治療、化学療法は有効性だけではなく、副作用で肉体を傷付ける可能性のある治療方法です。そのため、健康状態が過度に衰弱していると、施術ができない場合があります。免疫療法は、自己免疫を利用して免疫機能を高める技術です。そのため、拒絶反応等の副作用が現れる可能性は、原則的にありません。つまり、副作用の心配をしないで、安心して利用ができることが特徴です。治療率向上に治療方法の併用が効果的でも、副作用が原因で実現が困難でした。そのため、副作用のない免疫療法が、積極的に活用されています。

Copyright © 2016 治療すれば大腸がんは完治する|光はまだある All Rights Reserved.